ニュース

平成29年11月5日

浜松自転車フォーラム2017

 今年の走行会のテーマは自転車による津波避難である。午前10時に有楽街をスタートし、南区の凧揚げ会館までの道のりを馬込川沿いに走る。秋のさわやかな空のもと、馬込川を泳ぐコイやカメ、野鳥を見ながら走ると、浜松にもこんなにいい場所があるんだと再認識できる。
 凧揚げ会館からはいよいよ津波を想定した模擬避難走行である。各自浜松駅までの約5kmを何分で走行できるかを計時する。ただし、普段をかわらない速度で信号など交通規則を守って走っていく。

走行終了後、参加者へアンケート調査を行った。結果を下の表に示す。年齢は20歳代9名、30歳代2名、40歳代6名、50歳代6名、60歳代が4名であった。男性21名、女性6名。自転車の種類はロードバイク4台、ミニベロ4台、電動アシスト1台、MTB2台で、最も多いのがクロスバイクの9台とママチャリ7台であった。参加者のほとんどは中田島から浜松駅までの約5kmを20分程度で走破した。課題としてあげられた最も多いものは、自動車との事故が起きやすくなるのではいかという点であり、11名(約40%)の参加者がその心配を感じた。そのほか、信号機の機能が心配であること、何らかの避難誘導案内が欲しいといった要望もあった。

 午後からは、TBSプロヂューサーであり自転車ツーキニストとしても知られる疋田 智氏の講演会と津波避難に関するパネルディスカッションを行った。疋田氏の講演会では、右側通行の危険性に加え、今年はシェアバイクの話題、そして津波避難での自転車活用について解説があった。シェアバイクの中国での普及や日本のドコモの事例などが紹介されたが、背景にある問題点などもわかりやすく解説された。
 パネルディスカッションでは、まず浜松自転車協会の宮澤より趣旨説明を行い、その後、元南区長の中村久仁茂氏、浜松市危機管理課の津波対策担当課長の刑部晶彦氏、上記の疋田 智氏を交えて津波避難における自転車活用の可能性について論じあった。天災である地震と津波は予測不能の側面も多く、かならずしも考えたとおりにはいかないであろうが、自動車避難を少しでも緩和するためにも、徒歩より少しでも速く避難するための手段として自転車も念頭に入れた対策を講じていくことは決して無駄になるとはいえないだろうという点がこの日の結論であるように受け止められた。


平成29年10月8日

ボーイスカウト浜松第12団自転車講習会
西区神ケ谷 山神社

 小学5年から中学3年生の約20名のボーイスカウト達が前日の10月7日から神社でキャンプを行った。行き帰りは全員自転車での移動らしい。浜松12団のボーイスカウト隊長の中嶋さんによると、今年は自転車イヤーとのこと。全員が自転車走行に慣れ、来年には長距離走行を行うことが目標らしい。それにあわせ、自転車教室を開催することになった。

 まず、宮澤から自転車は車道走行が基本であることを説明。そして歩道右側走行は意外に危険が多く潜んでいるという話をした。その後、御園井氏より日常の自転車点検の話があり、最後は神社の裏庭にて各自自分の自転車を持って、タイアの空気圧チェック、ブレーキの調整具合、ハンドルやシートポストのゆるみがないかどうかを調べる方法について学んだ。どのタイアにも至適空気圧がサイドウォールに示されていることを知るのは新鮮な学習であったようだ。
 これを機会に単独で走行するときにも安全な走行を心がけてくれるとよい。


平成29年9月21日
浜松商業高校交通安全委員会で講演

 昨年の自転車フォーラムでシンポジウムと走行会に参加してくれた浜商の交通安全委員会(各クラス2名、全体で約50名)に出席させてもらい、自転車の日常整備(御園井氏)と安全走行、とくに歩道走行と右側走行の危険性について(宮澤)が講演した。参加生徒のみなさんは熱心に聞いてくれて、今後のマナー向上につながればよいと思った。意見交換会ではないので高校生がどのように考えているかを十分に知りことはできなかった。今後機会をつくってまたコミュニケーションをとり、具体的な策ができることが理想である。


2017年3月25日

浜名湖ガイドライド 開催

浜名湖ガーデンパークをスタート/ゴールとしたサイクリングイベント「浜名湖サイクル・ツーリング2017 ガイドライド」が開催されました。

Aコース 女性におすすめ はままつコース! 約45km 
Bコース 旧東海道サイクリングコース 約40km 
Cコース 湖上遊覧コース 約45km(乗船区間約9km含む) 
Dコース 井伊直虎ゆかりの地めぐりコース 約40km

詳しくは、こちら

http://hamanakotourism.com/modules/road/content0016.html

写真は、Cコースの記念撮影です。

ダウンロード
ガイドライド大河ドラマ館H29_3_25.jpg
JPEGファイル 248.1 KB

2016年11月20日

浜松市民自転車フォーラム 開催

今年で3回目となる自転車フォーラムである。午前10時よりキープレフト模範走行会を行った。参加者は去年より少なめの約50名だが、このなかには上池川自治会を中心とする自治会のかた、浜松商業高校の生徒のみなさんなどが含まれる。走行コースは一部が変更された去年とほぼ同様である。すべて車道走行で、板屋町交差点の2段階右折も含まれる。田町交差点では歩行者用信号に従い横断歩道を走る自転車が多いが、この日は自動車と同じ、車両用信号に従って交差点内を進んだ。走行後は豚汁と参加賞が配布された。

午後はガイドサイクリスト養成事業報告と講師の疋田 智氏による講演会、最後にシンポジウムを開催した。ガイドサイクリスト養成事業報告は当協会の和田氏により行われ、浜名湖サイクリングをガイドできる人材養成の経過が報告された。疋田氏の講演では自転車の歩道走行と右側走行の危険性が解説され、津波時の避難に電動アシスト自転車が有効ではないかとの提案もなされた。

シンポジウムでは上池川自治会長、文芸大学の学生2名、浜松商業高校の生徒2名から浜松における自転車利用における問題点などが提起され、それに対する静岡県警察中央署交通課ならびに浜松市道路企画課の代表者の発言があった。市民と警察、行政との直接の議論が行われたことは有意義であった。この関係が継続し、具体的な自転車マナーの向上や環境整備が行われることが望まれる。


2016年10月30日

浜松まちなかチーム・パシュート&スプリント 開催

 市街地道路を閉鎖して、チーム・パシュートを開催した。広く一般の浜松市民に自転車競技を身近で見てもらい、その楽しさを味わってもらおうというのが趣旨である。3人1チームで周回コースを走って、対戦相手に追いついたら勝ち、または3人めが先にゴールしたほうが勝ちというルールである。オリンピックにもこの競技はあり、自転車とスピードスケートで行われるが、通常は専用の競技場で行われる。もちろん屋内である。まちなかで開催すれば、たまたま買い物に来たというような一般市民が通りがかりに観戦できるという利点がある。参加する選手も一般愛好家であり、この点でも、浜松市民の自転車運動会的な要素を備えているというおもしろさがある。スプリントでは、幼稚園児クラスから小学生、中学生のクラスを設けた。子供が懸命に走る姿は誰が見てもかわいく、観戦する者も熱心に応援した。

 コースは道路で行うため単純な細長い楕円形となり、コーナーでは速度を落として旋回する必要があり、本当の競技とは異なるが、見ている観客は目の前を旋回する選手を近くで眺めることができる。転倒による怪我が心配されたが、幸いにも2名が擦過傷、打撲傷を負う程度で済んだ。

 

 参加していただいた31チームのみなさん、そしてスプリント競技に出走してくれた幼稚園、小中学生のみなさんには感謝している。来年も開催したいと考えています。より多くの参加があることを願っています。

 

 ご協力いただいた、浜松市、浜松中央警察署、鍛治町商店会の皆様には心より感謝申しあげます。

 競技結果


2016年10月1日
浅田自治会自転車交通安全教室

浅田自治会館にて開催された。参加者数は数十名と多数であった。最初に浜松中央署交通課長の山本氏による交通規則の解説があり、その後、当協会宮澤による老化現象と自転車の安全利用の関係について解説。
 講習会後は実際に浅田地区を走行して体験キープレフト走行を行った。車道走行、左側通行の基本について参加者に体験していただいた。ただ、講習会には多数の参加があったが、体験走への参加は数名と少なく残念であった。


2016年5月28日 土曜日
葵西交通安全教室

葵西自治会館にて交通安全教室を開催した。浜松中央署の山本交通課長の安全教室に続いて自転車協会の宮澤が自転車交通の安全のために自覚すべきことなどを解説した。その後、はじめての試みとして、講演の内容を経験する目的で実際の路上を走行した。警察の全面的な協力のもと、近くのアピタまで車道走行、左側走行などを体験していただいた。今回の特徴は高齢者のみでなく、子供たちの参加もあり、有意義なものとなった。子供を対象とする交通安全教室についても今後開催できるよう検討すべきと思われた。


8月25日 

まちなかチームパーシュート/スプリント 開催決定


2016年3月26日
浜名湖サイクルツーリズム

 一般公募によるお客さんとともに我々が企画した4つのコースをガイドライドした。コースと参加者数は以下のとおりである。
1) 浜名湖湖上遊覧コース
2) 直虎歴史探索コース
3) 新居関所コース
4) 女子会コース

このうち、湖上遊覧コースは、フルーツパークから舘山寺まで走り、そこから貸切の船に乗って瀬戸までわたる。船には自転車ラックが設備されており、まったく問題なく積載可能であった。気持ちの良い浜名湖の風をうけながら景色を堪能した。瀬戸からはサイクリングロードを東に向かい、佐久米まで走行。浜名湖沿岸ルートは自然にあふれ、春の花を見ながらのんびり走る。佐久米駅にてカモメに餌をやる。渡り鳥なのでシーズンの終わりにあたり、カモメを見ることができるかどうか心配したが、幸い多数のカモメが飛来し、参加者を和ませた。昼食には参加者全員が希望するウナギに決定。鰻専門の“さくめ”の座敷にて楽しく会話をしながらおいしいウナギを食べた。
 その後は東名高速浜名湖サービスエリアに立ち寄り、気賀関所を経由して浜名湖東沿岸を走行。全行程40km程度のサイクリングは無事終了した。名古屋、富士などからの参加者もあり、ユニークな船を利用したサイクリングには満足したようであった。


2015年度ニュースはこちら